自転車とファッションのイベントツアー終わりました。

ども、僕です。

 

久しぶりすぎて、どの立ち位置で、どの目線で、このブログを書いていけばいいのかわからず、まーそもそも、ノーコンセプトの私的日記でもいいのかーと思い直し、、今後もキャラがブレまくる、カオス感あふれる感じで、アウトプットを再開したいと思う年末の今日です。

 

10月に始まったTweed run TOKYOツアーも、東京、名古屋と続き、11月23日のデニムラン尾道をもって終了いたしました。

f:id:hynm_news:20171207221657j:plain

大快晴に

f:id:hynm_news:20171207221701j:plain

地元の果物

f:id:hynm_news:20171207221711j:plain

地元のセレクトショップ

f:id:hynm_news:20171207221723j:plain

地元の方と観光客に大人気の立花食堂

f:id:hynm_news:20171207222102j:plain

この日の小木さんのスタイリングはこちら

 

f:id:hynm_news:20171207222057j:plain

ONOMICHI DENIM PROJECT

 

 

f:id:hynm_news:20171207221725j:plain

東京は6回目だったんですが、これだけ続けていると『Tweed run は自分のライフスタイルなっています』とか、『自分的には年に1回お洒落して、顔なじみにあう会になんです』というお声をいただき、ファッションイベントが、ここまで誰かの"くらし"にしっかりと加えていただいているって、ホントありがたいなぁと実感させていただけた年でした。

 

 

デニムラン尾道では、運営のディスカバーリンクせとうちの小林さんから、参加していただいた方からのメッセージも御共有いただき、参加してよかったというお声や、人生の糧になる出来事だったとまで言っていただけたのを読んで、目頭が熱くなりました。

 

若い方から、60代の方までもが、ドレスアップを楽しみ、半日を過ごされる様子をみる度に、ホントいいイベントに関わらせていただいているなぁと思います。

 

『買い逃すな!』とか『◯◯はもう遅い!』とか煽り系ファッションでなくて、お洒落して出かけて、お互いを語らう。

 

そんな感じの、くらしに寄り添えるファッションの場づくりを今後も続けていきたいもんです。

 

 

DenimRunOnomichi