桜の季節にはじめることができました。

f:id:hynm_news:20170327113401j:plain

 

先週は、Amazon Fashion Week Tkoyoでしたが、期間中は一歩もヒカリエに近寄る間もなく。。

 

今年も90日がすぎました。今年は桜の開花が早く、ファッションウィークめがけて来られた海外ゲストの方も桜を見て帰ることができたのではないでしょうか?

 

f:id:hynm_news:20170328121504j:plain

 

数年前かなー、友人とファッションウィークをどう盛り上げる?みたいな話になったとき、当時ファッション業界内から上がる声って、川久保さん、ヨウジさんが日本でショーやってくれねーかなーとか、大御所に頼る声が多かったです。

 

 

人とは、そもそもバイイング時期ずれてんだから、もはや桜の季節にやっちゃうとか、国としてのホスピタリティの高さを、面で海外ゲストに伝える施策を組みたいよねー。

 

その方が、リピートにもつながって、独自性をもった国の中から生まれるクリエイティビティとして評価されるんじゃぁないかなぁーって、そんな話してました。

 

f:id:hynm_news:20170326125346j:plain

 今回は素直に、ご報告とお礼です。

 

 

3月24日に、台東区は谷中にギャラリー&ストア「haco/sow ( ハコとソウ)」を無事にオープンすることができました。

 

hacoはギャラリーで、sowはギャラリー内に不定期にオープンするセレクトストアです。(夏前にSowの一発目、やれたらいいなぁ)

 

上野桜木あたりに住んでいる折尾さんからお声かけいただいて、地域のたくさんの方々と一緒にDIYでつくりあげてきた時間というのは、これまで東京で暮らしてきた中で感じたことのなかった「なつかしさ」でした。

 

上京者が集まり、来るもの拒まず、去る者追わずは東京のただの一面であって、東京ドリームとは違う、懐の深ーい東京がありました。

 

なんせ、東京でダサい街ランキング第5位らしいです。(いっそのこと1位がよかった)

f:id:hynm_news:20170324124706j:plain

 なんだ、東京らしさってこれじゃん。

 

 

めんどくささもひっくるめて、日本らしく日々くりかえされる営みの美しさが、ここには残っていました。

f:id:hynm_news:20170327125235j:plain

 

まだまだ、完成ではないのですが、これからまたじっくりみなさんと、あれやこれやいいながらよい場所に育てゆければよいなと思います。

 

 

改ためまして、 折尾さん、街の不動産屋ハウスサポートの小松さん、設計士の田村 匡將くん、アンビエントデザインズの和 祐里さん、石黒 泰司くん、若菜くん、浩企画住宅中田さん、棟梁神山さん、原田左官さん、DIYをお手伝いしてくれた皆様、てとてとのお二人、山川さん、嵯峨の家さん

 

そして、オープン企画にもかかわらず作品展示を快諾くださった、作家の高須さん、酒井さんありがとうございました。

 

f:id:hynm_news:20170324144505j:plain

 

 

二人展は今週日曜日まで、作品のほうもかなりなくなってしまっておりますが、僕はバッチリ店番やっとりますので、よければ遊びにきてくださいな。

 

 

f:id:hynm_news:20180322000058j:plain

観光地としても近年注目を集める谷根千エリアのいっかく台東区は谷中にある、三軒長屋の複合施設「谷中長屋」に生まれたギャラリー&セレクトストア「haco(sow)」にて、糸島で活動される陶芸家「高須健太郎」と、木工家「酒井 航」両氏による展示を行います。

谷中は現代美術ギャラリーや「東京藝術大学」など文化施設がちらばり、文化芸術に出会える町。二人展では陶器と木工の対比をとおしてそれぞれの技術的な知識を深め、上質な新デザインに出会える場を創出します。

陶芸と木工。

二人の作家が作り上げてきた、それぞれの文化に是非触れてみてください。
どなたでも入場可能です。ご来訪お待ちいたしております

 

 

企画展 : 二人展

会期: 3月24日(土)-4月1日(日) 

場所: haco(sow)  〒110-0001東京都台東区谷中6-1-27

INFO : https://www.facebook.com/selfceative/

 

 

酒井 航  木工職人、DOUBLE=DOUBLE FURNITUREオーナー

福岡県出身。岐阜県飛騨高山で木工の基礎を学んだ後に、長野県小諸で木工作家、谷進一郎氏に師事。独立後の2011年、福岡県糸島市にDOUBLE=DOUBLE FURNITUREをオープン。デザイン性に富んだ家具やカトラリー、器などを展開し、注目を集める。

http://dd-furniture.jp

 

高須健太郎  陶芸家

福岡県出身。陶芸家の母の影響で、幼い頃から土と触れ合う。福岡大学卒業後、愛知県瀬戸の訓練校に通い、技術を学ぶ。2004年に工房『醇窯』を作り、試行錯誤を経て2008年に窯開き。その作品は東京のセレクトショップにも並び、全国に多くのファンをもつ。

http://www.junyo-itoshima.com/

 

 

どうぞよろしくお願いいたします!

 

今日も最後まで、お付き合いいただき、ありがとうございました。

 

インスタグラムアカウント開設しました是非フォローをお願いいたします。↓