下駄の新作でけました。「然-shika-」って名前です。

f:id:hynm_news:20190313225758j:plain

西洋靴履きまくっている私たちも、ついぞ100年ほど前までは足袋・下駄・雪駄をはいておりました。

 

マルジェラの足袋ブーツの効果もあり、そろそろ、ご先祖様が履いてきた伝統の履物も見慣れたきたんではないでしょーか?

 

とわいえ、着物・浴衣をはじめとし、私達の文化的な衣服も現代に合わせてアップデートしてゆきたいよねーということで。

 

自然美と現代性を組み合わせた下駄の新作ができました。ユニセックスです。

 

f:id:hynm_news:20190313225804j:plain

f:id:hynm_news:20190313225902j:plain

 

とわいえ、こだわりすぎて、染めロットをクリアしないと高すぎるので、現在Makuakeさんでクラウドファンディングに挑戦中です。割引がきくこのタイミングに是非、ご購入をご検討くださいませ。

 

結構話題になってるみたいっす。

 

「然-shika-」制作のきっかけ。

若木はCO2をたくさん吸収してくれます。適切な伐採と植林は、地球の自然サイクルを守る大切な作業です。

 

国産材(静岡産ひのき)を有効に活かし、環境保護にも役立つ商品開発を進め、手づくりにこだわり進化を続ける履物ブランド『mizutori』さんと、伝統的なアイテムである下駄と現代デザインの掛け合わせに、自然と共生してきた日本の価値観を重ね合わせ、「使い手」にも自然を傍に感じていただくプロダクトを生み出すための協業で作っています。

 

餅は餅屋さんにお願い。

 

でもって、100年以上の歴史をもち、サスティナブルな未来に向けて努力を重ねる国内の染工場さんに協力で、手染め加工の試行錯誤重ねながら、ひのきが持つ木目を生かした1点1点表情の違うスタイリッシュな下駄を完成させました。

 

色付には、植物由来の染料を採用。直接的に作用する効果はないですが、植物が本来持つ力を調べながら、それぞれの植物を選びました。

 

f:id:hynm_news:20190313225847j:plain

f:id:hynm_news:20190313225839j:plain

f:id:hynm_news:20190313225832j:plain

f:id:hynm_news:20190313225812j:plain



手間とヒマをかけなければ、ヒノキの割れなどが起こるため非常に高価な下駄です。今年の夏は浴衣と合わせて、和装の普段使いに挑戦されてはいかがでしょーか?

 

メゾンブランドのダッドスニーカーよりも安いっすよ。

 

https://www.makuake.com/project/shika/

 

本日も最後までありがとうございました。