地球に負荷を与える第二位がファッション産業。これからもファッションを楽しむには?

f:id:hynm_news:20190713143729p:plain

本ブログが終了する前に、お礼を、、とおもっているのですが、その前にどうしてもお伝えしたいことがあるので、ひとつだけ記事を投稿します。

 

 

さて、のっけから唐突ですが、あらゆる業種の中で、建築業界に続き2番目に地球環境に負荷を与えているのがファッション産業です。

 

 

今のファッション業界では、このことはあまり浸透してはいませんが、なんとなくは理解されています。

 

 

そして、感性のするどい業界関係者ほど

 

 

なんとなく知りつつも、服を作って、話題を生み出し、売り続ける生活をしているため、既存システムを否定するような、発信やアクションを起こしづらくなっています。

 

f:id:hynm_news:20190714102923p:plain

 

 

まー既得権益があるとは思っていませんが。

 

 

みなさんその葛藤を抱えながら、残る人は残り、別分野に移る人は、別分野でファッションで学んだことを生かして活躍をされる、という感じなのかな。

 

 

 

さて、これからも僕らの大好きなファッションを楽しむためには?

 

 

 

先日、イギリスでステラマッカートニー社も参加したカンファレンス。そちらでも地球に環境負荷を与える産業の第二位がファッション産業であるというインパクトレポートが発表されました。

 

 

ヨーロッパでは熱波などの影響もあり、地球ガチやばくね?っていうスイッチも入りつつあります。 

 

f:id:hynm_news:20190714103011p:plain

 

 ここ日本では

 

 

 今年に入って、サステナブルというワードがバズワードのように業界に押し寄せてきていますが、実情や実装方法を知る人はまだ少ないです。

 

 

 "ユニクロが紙袋使うことを宣言したけど、それみんなが真似したら紙の原料あつめるために、森林伐採がすすむー!"

 

とか

 

"輸送コスト/エネルギーをかけて、海外のサステナブルブランドをわざわざ輸入して売る必要ってあんのー?"

 

 

とかね。

 

f:id:hynm_news:20190714103109p:plain


 

20年以上も、ニホンのモノヅクリの現場、ファッションの現場に関わってきた身として、どっかの国のモノマネ型のSDGsでは解決できない問題がたくさんあることを知っています。

 

 

はじめてのSDGs

 

 

みんなで学んでいきませんか?

 

f:id:hynm_news:20190714103153j:plain

  

全てをご報告はできないのですが、僕のほうでも、昨年から準備をしてきたことがあり、まずは9月に、業界関係者限定で勉強会をやります。(サステナブルキッチンRosyさんご協力ありがとうございます!)

 

 

 

もし、業界関係者でご興味をお持ちの方はご連絡ください。

 

 

11月には、勉強会を発展させた一般参加可能な企画も準備をしていきます。

 

 

 

f:id:hynm_news:20170901144924j:plain

 

 

150年前から日本に存在する循環型のモノヅクリを行ってきた「工芸」。その分野にかかわる自分の体験を交えて、欧州パクリでない日本型の循環型経済のあり方を、ものすごいメンバーと研究し、ご報告していきたいと思います。

 

 

 

あと選挙。7/21日までっす。

 

きっちりエントリーして、TVやツイッターでたのしみましょう。

 

 

 

追加の発見などnoteで更新していきたいと思います。

こちらより、ご登録ください。

https://note.mu/kira_

 

 

では、本日はここまで。

でもって、こちらもよろしくお願いいたします。

 

Sow

https://www.instagram.com/sow_haco_/

 

 

 

本日も最後までありがとうございました。